カッターパス

部品の上面部にある稜線についているR加工です。一定のR形状であればコーナーラウンジングカッターを使いますが、2辺のR寸法が違いRをつないでいる箇所の形状が出ない為、ボールエンドミルを使い加工するパス(工具軌跡)を作りました。一般的には等高線仕上げで加工をしていますが、当社では等高線ではない加工モードを使いアプローチとリトラクト、エアカットを極力少なくし時間短縮に努めています。

Follow me!

関連記事

  1. モデルデータの作製

  2. 3D PDF

  3. CAM作業