加工仕掛材

A5052材で当社では一番数多く加工する大きさです。先ずはブランク(6面)をフェイスミルで加工してから、出来る加工はなるべくバイスで加工していきます。材料の脱着時間を短縮する為です。後に治具を使う加工の場合、治具でクランプする穴も同時に加工していきます。

Follow me!

関連記事

  1. 加工に入りました

  2. 加工品

  3. 炭素繊維の成型

  4. マシニングセンターによるアルミプレート加工

  5. A2017の加工終了品

  6. 荒取り

  7. プリプレグの型仕上げ加工