マシニングセンター

マシニングセンター 森精機NV4000DCG 最大稼動範囲X600.Y400.Z400.3次元CAMの大容量NCデータ に対応したデ-タサーバと高速加工の追従性に対応した高精度輪郭制御を搭載しています。

付加一軸津田駒 RN-150R 搭載可能3次元CAD・CAM 高速加工と滑らかな切削加工面を実現する高精度工作機械を使用しお客様の高度なご要望にお答えいたします。加工内容などについてはお気軽にお問い合わせください。

3D CAD/CAM (C&G SYSTEMS INC.)

CAM-TOOL(C&G SYSTEMS INC.)     対応ファイル DXF,IGES,STEP,STL

切断機(アンドソーTA-300L)コンタマシーン

TAー300L(アンドソー)
最大厚さ200mm、最大奥行き300mm
鋳造ボデーを採用している国産唯一の切断機メーカーです。直線自動装置つきなので、切削条件等が整いましたら、テーブルクランプが出来ますので、自動で切断が出来ます。
弊社ではこの切断機を使い、今現在、弊社で在庫している材料に関しては、材質・寸法が使える物で有れば納期の短縮等に使用しております。

測定器(TESA)

TESA-HITE 400、「Swiss Made」 を導入いたしました。単軸での穴ピッチ、距離測定、段差測定、直角度、平行度測定が可能です。条件にも依りますが、測定する品物を起こした状態での穴径や溝幅の精密測定が可能です。

Mitutoyo

ABSデジマチックインジケータ ID-F150  寸法のOK、OUTのチェツクするセツティングが出来ます。高さ、段差、深さ等の精密測定器です。百分台、千分台 の測定が可能です。 IMG_0599

(新潟精機)

ピンゲージ(新潟精機)
ピンゲージは穴径、穴深さ、位置等を測定します。弊社で取り揃えている径は、次のとうりです。Ф1.99〜2.05から1.00ミリ飛びでФ12.05まであります。
IMG_0531

ブロックゲージ(三豊)

溝幅の測定(確認)、ハイトゲージにて高さ、段差測定、測定器の基準値の確認等に使います。

三次元測定機のデータ添付

三次元測定機での測定→弊社では三次元測定機は持ち合わせていませんが、アウトソーシングにて測定データの添付は可能です。

 

フライス盤(Milling machine)

機械正面から見てテーブル(工作物を固定する台)が左右に移動する軸がX軸。テーブルが奥手前に移動する軸がY軸。Z軸は刃物を回転させるモーターが上下するタイプとテーブルが上下する二種類のタイプがあります。各軸の手動で移動させます。自動送りの付いている加工機があります。工作物の固定にはバイス(挟み込んで固定する工具)、治具等で固定します。主軸回転数は使用者がセットし回転数を変えるときはセットをし直さなければならない。刃物(エンドミル)が縦に付く機械を縦型フライス盤と言い、刃物が横に付く機械を横型フライス盤と言います。又、一台で縦横が加工出来る機械を複合フライス盤と言います。大まかに分類して重切削、軽切削タイプになります。重切削の機械は主軸の回転数上がらずフルバック(チップが何枚も付いている工具)や太いエンドミルで加工が出来る丈夫な機械です。仕上げや軽切削の機械の主軸は丈夫ではないが回転数が上がる為、小径の刃物や仕上げ加工用の機械で負荷の掛からない加工に向いているし穴あけやボーリング加工にも適している。テーブルの位置決めはボールネジで決まられていますが、カミソリという調整出来る箇所ありテーブルのがたつきや移動させた時の運動(動きが軽いか重いか)を調整しています。がテーブルの位置決めは、ハンドルに付いている目盛りでどれくらい動かしたか解りますがオプションや後付けでデジタルスケールを付けることによってハンドルのメモリを見なくても位置決めが出来ます。稀にですが、汎用フライスにサーボモータ、数値制御装置NC(Numerical control)を付けて改造したNCフライスなどがあります。

NCフライス盤

最初からNCフライスという機械に作られている為にサーボモータがカバーで綺麗に覆われています。制御装置も操作のしやすい位置に取り付けられています。NCプログラムを組むことによって自動で加工するころが出来ます。CAM(Computer aided manufacturing)から吐き出された膨大なNCプログラムは転送装置を使い金型などの加工時間が長い加工にも使われDNC運転と言われています。一部の機械ですが自動工具交換装置ATC(Automatic Tool Changer)を付けている機械が有ります。

マシニングセンター (複合加工工作機械)

標準でATCが付いています。CAMから出された大量のNCプログラムを制御装置の中にあるデータサーバーに収納し長時間の加工で高速運転が可能です。パレットチェンジャー(テーブルを自動で交換する装置)を付けることによって同じ品物やパレットごとに違う加工物、工程を変えた加工物などを載せて無人で長時間の加工が出来ます。マシニングセンターはフライス盤と同じく縦型、横型の三軸加工機(X,Y,Z)に加えて五軸加工機(X,Y,Z,A,B)や三軸加工機に付加軸の装置を載せて制御装置でコントロールが出来るインデックス(付加一軸)、サーキュラテーブル(付加二軸)などがあります。5軸加工機の中には、テーブルか回転して旋削が出来る加工機があります。現在ではマシニングセンターでの加工はミーリング加工のみの加工機もありますが、他の加工も出来る複合加工機があります。グラインディングセンタという機械は研削も出来る加工機です。又、レーザー加工機と一緒になった加工機もあります。一般的には千分の一を制御する機械が多いのですが、精密加工機では十万分の一を制御する機械が有り超精密分野で使われています。NCプログラムについては、制御装置から直接キーボードを使いM,Gコード、各軸の移動する
プログラムを入力することが出来るが、対話機能を搭載している加工機が多くなりプログラム作成が簡単になり描画で削った箇所、カッーターパスの確認が出来るようになった。

旋盤

この加工機は被削材が回転し旋削する。被削材を把握するときに使うチャックはハンドルと道具を使い手で締めます。被削材の固定にはチャックで把握して機械に固定する。常時チャックは加工機に取りつけられ被削材を交換し加工をしている。チャックを外したときに治具、ヤトイなどを使っても加工している。機械上面から見て縦方向と横方向に刃物代が移動する。回転している工作物の中心には穴加工が出来ます。回転させ削った工作物の内側、外側にネジを削る加工が出来ます。

NC旋盤

汎用旋盤にサーボモータ、制御装置を付けた簡易的な機械から完全NCプログラムで稼働する加工機がある。完全なNC加工機は油圧のチャックで被削材を把握していますので、圧力を変えれば締める力加減を変えることが出来る。エンドミル加工が出来る機械もあり、被削材の二方向からミーリング加工が出来るが斜め方向の加工には対応していない。旋盤系で斜め加工に対応している五軸加工機で複合加工機と言われています。このきかいはマシニングセンターの五軸加工機と構造が全く違い旋盤から進化した機械と言えます。2スピンドルの加工機は第一スピンドルで一工程目の加工をして加工した方向から把握し直して第二スピンドルで二工程目の加工が出来きるので複雑な加工に使われています。NC旋盤系の加工機はオートバーフィーダーを付けることにより一度セットをすれば材料をバー材(定尺)のまま供給し無人で数物の加工に対応することが出来る。

エンドミル

フライス、マシニングセンターに付けて削る刃物です。多くは2刃、4刃で多刃と言われている多くの刃を付けている刃物もあります。又、リードと言われているらせん形状になっている部分に刃がついている箇所で削りますが、不等リードというエンドミルがあり一本の刃物で一刃ずつ角度が違うエンドミルがあります。4枚刃などは標準でエンドの部分が90度になっていますが、不等分割という角度の違うエンドミルがあります。シャンクというエンドミルを保持する部分がありこの部分より刃の付いた部分の方が細いエンドミルが多いが、スリムシャンクというエンドミルは刃径の方が大きく立ち壁が有る加工などは有効でシャンクの部分が邪魔することがなく加工が出来刃長以上に深い加工が出来る。材質は大きく分けてハイス、超硬、工業用ダイヤモンドに分かれます。素材のままでも加工はしますが、加工能率、工具寿命を延ばすためにコーティングをしているエンドミルがあります。スローアウエイエンドミルと言われる刃物がありますが、刃先交換式でチップと言われている部分を交換することで削れなくなった刃を交換し加工を再開するようにできます。このエンドミルは比較的大径のエンドミルに多い。刃先の形状がいろいろあり、フラット、ボール、ラジアスエンドミル(フラットエンドミルの角の部分がR形状)などがあります。母材やコーティングなどは加工する被削材に最適な加工が出来るよう細かく分類されている。

ミーリングチャック

工作機械に付け切削工具を把握する工具。機械側に取り付ける部分は日本国内ではナショナルテーパーのBTが多いのですがHSKなどのショートテーパーが有り構造が全く違います。両方ともサイズや特徴が色々とあります。コレットチャックを使う一般的な物、油圧を使って締めこむ物、工具が入る箇所を膨張させ工具を入れて冷やして収縮させて把握する焼嵌めチャックなどが代表的なミーリングチャックです。焼嵌めツールなどは小径刃物の加工に使われています。

バイス

フライスやマシニングセンターのテーブル載せて固定し被削材を把握する万力で位置決めも行う。ハンドルを使って締めるだけのタイプもあるが、油圧を掛けられるタイプもあります。大きさは様々です。バイス一台に被削材一個を載せるのですが、種類によっては一台のバイスで複数個の被削材を載せられるタイプもあります。標準的なバイスは固定側と移動側が一体になっていますが、セパレートになったものがありソリッドバイスといい大きいものでも把握できる。自動クランプに対応しているバイスもあります。より精密な加工をするために精密バイスというものが有ります。角度をつけた被削材を加工するときに使うサインバイスが有ります。

アルミ材

2000番台
ジュラルミン、超ジュラルミンの名称で知られる2017・2014が代表的で、鋼材に匹敵する強度を持つ。切削性は良好で、特にPb、Blを添加した2011は快削性合金として機械部品に多く用いられている。また、2014は高強度鍛造材として広い用途をもっている。比較的多くの銅を含む耐蝕性に劣り、腐食環境にさらされる場合には十分な防蝕処理を必要とする。

5052番台
Mgの添加量の少ない合金としては、5005が代表的で、車両用内装天井版、建材、器物材等に用いられる。
中程度のMgを含有するもとしては5052が代表的で、中程度の強度をもつ材料としてもっとも一般的なものである。
Mg含有量の多い5083は比熱処理合金で比熱処理合金としてはもっとも優れた強度を持ち、溶接性も良好である。このため、溶接構造材とし船舶、車両、化学プラントなどに使用されている
アルミの代表的なもので安価で手に入りやすい材料です。

7000番台
アルミニウム合金の中で最も高強度をもつAl-Zn-Mg-Cu系合金と、Cuを含まない溶接構造用Al-Zn-Mg合金に分類できる。
Al-Zn-MG-Cu系合金の代表的なものは7075で、航空機、スポーツ用品等に使用されている。
Al-Zn-MG合金は比較的高い強さを持ちながら溶接後の熱影響部も自然時効により母材に近い強さに回復するため、優れた継手効率が得られる。7N01が代表的合金で溶接構造用材料として鉄道車両等に用いられている。

ステンレス
SUS302
18Cr-8Ni鋼の基準型。SUS303・SUS304はいずれもSUS302に改良を加えてもの。Ni添加により耐蝕性・機械的性質が良好。

SUS303
SUS302にS・Pを添加して切削性を向上したもの。ただし、耐蝕性はやや劣る。Moを添加し、耐蝕性を改善してい。

SUS304 SUS304L
SUS302の改良により耐蝕性・耐酸化性が良好であるとともに、高温強度にすぐれ、耐熱鋼としてもちられる。
SUS304Lは、SUS304より炭素量を低くして、耐粒界腐食・溶接性を向上したもの。

SUS316 SUS316L
Mo添加により耐蝕性(孔蝕)・耐酸性が良好であるとともに、高温強度が大きく、耐熱鋼として用いられる。
SUS316LはSUS31より炭素量を低くして、耐粒界腐食・溶接性を向上したもの。