マシニング加工について

マシニング加工の中には切削加工、プランジ加工、ドリル加工(固定サイクル)、へール加工、オービット加工など様々な加工が有ります。切削加工とドリル加工はポピュラーな加工です。マシニングセンタはサイクルスタートボタンを一回押すと何本も工具を自動で交換しながら加工を進めていきます。切削工具を変えていきながら粗挽きから仕上げ加工した後ドリル加工などをすることも出来ます。マシニング加工ではプレートに窓穴を開けたりタップ穴などを加工する二次元加工と同時に三軸が動く三次元加工が有ります。
特殊加工を除く自由曲面の加工は同時三軸加工から同時五軸加工が一般的なマシニング加工です。付加一軸加工が有りますが、端面カムなどの加工は4軸の回転軸とX軸を同時に加工することがあります。6面体の加工ですが、付加一軸や五軸加工機は工程集約の為に使われます。3軸加工機の場合は、一面一面脱着をしながら加工をします。、一面ずつ加工する為加工工程ごとに位置決めをするので、精度の劣化避けられません。
プランジ加工はCAMを使い切削工具を垂直に上下にしながら平面を移動させて加工しています。マシニングなどは通常主軸を回転させて加工しますが。ヘール加工は工具が進む方向に対して平面上で常に垂直になるよう主軸向きとテーブルをコントロールした加工です。この加工がシール面などの加工に使われています。エンドミルで加工すると工具が侵入したろ頃にカッターマークが付きますが、この加工方法ではカッターマークが付きません。押出しながら削るようなイメージです。オービット加工はヘール加工の機能を使った加工で旋削が出来る加工です。マシニング加工ではテーブルが回転して主軸工具が固定さている旋削加工は以前からありましたが、制御装置の方でテーブルや主軸の向きを制御して加工する方法である。ヘール加工は専用の切削工具必要です。オービット加工はマシニング加工が出来る旋削用の切削工具が必要です。ヘール加工とオービット加工は特殊なオプションが設定されているマシニングセンターに限られています。ドリル加工(固定サイクル)は

昨今、マシニングセンタに対話装置は標準で付いていたり、CAMが会社に入っていたりするのでGコード、Mコード、固定サイクルの種類を覚えることがなくなりました。

は三次元加工に傾斜や回転軸が加わった加工です。

3D CAD/CAM

cadcamcadcam

アートスキルは、3D CAD/CAMを駆使して、マシニングセンターを使用し金属、樹脂の切削加工を主に行っています。ベンチャー企業の方や
研究者様、モノづくりに係わる方のアイデアを、3Dデータにし図面に展開することにも対応しています。数量は1個から対応しており、休日を含む短納期にも対応しています。

詳しくはこちら

試作ワーキングモデル

model-newmodel-new

特に試作モデルの内部メカの組み込み検討や技術的な確認に使用されるワーキングモデルを主に制作いたしております。又、ダイキャスト、プレス加工の量産製品前の切削試作加工をしています。急ぎの場合、少量生産品は切削で加工をすることにより時間の短縮が出来る場合があります。金属部品の製作例を載せていますが、ページの下部に一部アクリル樹脂部品の製作例も載せてあります。

詳しくはこちら

切削による微細加工

IMG_0814IMG_0814

弊社の技術で特殊な微細加工を、切削で可能にしています。アルミやステンレスなどの切削加工技術に特化した弊社では、一般的には非常に困難と言われる形状への切削加工に挑戦し、実現しています。医療関係の研究開発機関等での技術的な確認の為に使われる器械等の試作品を加工いたします。加工サンプル品を御用意していますので、是非お問い合わせください。

詳しくはこちら