フリーハンドで書かれたスケッチ図からの部品製作 

お客様が手書きで書いてきた図を基に、弊社にて3Dデータ化し図面展開をして寸法や形状の確認をお客様にして頂いた後に加工しました。手書きで書かれていたため寸法の表記などがあいまいに見てたためこのような作業手順になりました。この加工品は納期が無く、発注者様の製作したい加工寸法の物と加工者が思い込みで作った場合、ヒューマンエラーが出てきやすいのでエラーを回避することにもなります。ただ加工だけより時間が掛ってしまいますが、お客様から高評価を得ています。

 

Follow me!

関連記事

  1. アルミ2017削りだし

  2. 年末年始のお休みのお知らせ

  3. マシニングセンターの加工

  4. プリプレグのケース製作

  5. 医療機器製造業登録の更新

  6. 山の恵み

  7. 単一電池6本交換

  8. 3Dデータ加工を使った板金加工

PAGE TOP