プリプレグのケース製作

オートクレープ成型後の画像です。元々プリプレグ(炭素繊維)は一枚のシート状になっています。当社で製作しているアルミ型に貼り付けて熱を加え成型しています。形状が複雑な場合は型を分割して対応しています。一枚のシートから成型した画像ですが、この後にトリム(切り取る)、穴、切欠き加工する工程が有ります。これらの工程を経て完成パーツとなります。当社ではアルミ型の製作のみ加工しています。オートクレープ成型、トリム等の工程はお客様の会社で行っています。

Follow me!

関連記事

  1. マシニングセンタの切粉受け

  2. 過去に航空機の部品を製作していた時の図面

  3. お問い合わせについて

  4. フリーハンドで書かれたスケッチ図からの部品製作 

  5. 単一電池6本交換

  6. 山の恵み

  7. マシニングセンターの加工

  8. 医工連携

PAGE TOP