マシニングセンターで使っているカッター

当社ではΦ12まではソリッドエンドミルを使っていますがそれより大きいサイズはスローアウエイ(刃先交換式)工具を使用しています。左側は鋼材用でサンドビックのもので右側は主にアルミなどで使っている大昭和精機の切削工具です。大昭和の工具は刃先がシャープでDLCコーティングをしてあるのでドライ加工などにも使えます。両方ともアンダーシャンクの工具でヘリカル加工が出来るので下穴なしで加工しています。

Follow me!

関連記事

  1. 板金加工

  2. 医工連携

  3. 夏休み前後の短納期加工について

  4. アルミ2017削りだし

  5. 山の恵み

  6. プリプレグのケース製作

  7. コンタクトプローブ

  8. 年末年始のお休みのお知らせ

PAGE TOP